Information
お知らせ

一覧へ戻る

2018.1.31 プレスリリース

ICT舗装工の視察会が開催されました

ICT舗装工 視察会が開催されました。

平成30年1月25日(木)、千葉県i-Construction推進連絡会(事務局:関東地方整備局千葉国道事務所)主催のICT舗装工視察会が千葉県市川市国分6丁目地内の「道路休憩施設舗装他工事」(発注者:関東地方整備局首都国道事務所 受注者:当社)の現場内で開催されました。

視察会では、豊村建設監督官(首都国道事務所)の司会進行により、丸山副所長(千葉国道事務所)及び金子副所長(首都国道事務所)の挨拶、当社串田現場代理人による工事概要の説明、下館課長によるICT舗装の取組み、山口職員によるICT機械・器具の説明、ICT舗装工の公開施工が実施されました。また1月29日(月)、日本道路建設業協会主催の視察会が、千葉県松戸市中矢切589-15の外環松戸相談所および「道路休憩施設舗装他工事」の現場内(同上)で開催されました。

両視察会とも約40名の参加があり、ICT舗装工の流れ(3次元起工測量→3次元設計データ作成→ICT建設機械による施工→3次元出来形管理→3次元データでの納品と検査)の説明を行うとともに、舗装への適用の長所および今後の課題について紹介いたしました。

当該現場は、外郭環状道路に隣接した位置にあり、平成30年3月の完成後は「道の駅いちかわ」としてオープン予定です。

大林道路は、今後もICT舗装技術の普及と進化に貢献していきます

仮設テント内での説明の状況(千葉県i-constraction推進連絡会主催)

ICT舗装工の公開施工の状況

ITグレーダーでの公開施工の様子

ICT舗装見学会 日刊建設通信新聞社

ICT見学会 日刊建設工業新聞社1.31

日刊建設産業新聞社2018.1.31

 

 

 

 

 

 

 

 

TOP>お知らせ一覧>ICT舗装工の視察会が開催されました